快眠習慣を得るには

快眠習慣を得るには

快眠の為には生活習慣を見直そう

まず、生活習慣には役割があります。
運動や入浴のような習慣は、快眠に直接的に働く要因です。

良い生活習慣を送ることで、体内時計をきっちり24時間に調整して規則正しい睡眠が身につくことで、快眠が得られます。

人の体内時計は25時間だと言われています。
これが、規則正しい生活習慣を送っていれば、1時間が調整されるわけです。

これらの生活習慣は子供にとっては当たり前のことですが、大人になるにつれて乱れていくもの。
快眠を得るには子供心に返って、生活習慣を正していく必要があるのです。

どんなに健康的でバランスの良い食事を摂っていて、運動をしていても、毎日寝る時間がバラバラだと快眠を得ることはできません。
どれだけ規則正しく寝ていても、運動不足や食生活が悪いと快眠を得ることはできないのです。

人によっては、短時間睡眠でも快眠を得られると言う方がいます。
たった3時間寝ただけでも調子が良いという例はたくさんあるのです。
そこで、規則正しい生活を送ることこそが、体内時計を調整して快眠を得られるための方法だといえるのではないでしょうか。

運動は習慣が大事です

運動習慣がある人には不眠が少ないことが証明されています。
特に、睡眠維持に習慣的な運動が効果的で、運動の内容も快眠に大きく影響しています。

最も、最適な運動は「有酸素運動」です。
散歩や軽いランニングなどを習慣づけることによって、高齢者などの普段から不眠の多い方は、快眠を得ることが出来るでしょう。

更に、運動のタイミングに注意を払うことで良い睡眠を得られます。
効果的なのは、夕方から夜にかけての運動だといわれています。

就寝する3時間前に運動することで、脳の温度を上げて入眠しやすくする、更には眠っている間の体内温度を調整する効果が得られます。

生活習慣で徹底的に快眠を得る

運動と快眠について紹介しましたが、食事や日光浴なども重要です。
食事に関しては、カフェインが含まれる飲食物を取らないこと。
アルコールは寝つきをよくしますが、睡眠の質を下げる可能性があります。

生活習慣病を防ぐような、規則正しい生活をすることで、徹底的な快眠を得ることが可能です。
良い習慣を身に付けて、不眠や睡眠障害にならないよう徹底していきましょう。