アロマで不眠症解決

アロマは医療用にも活躍している

心地よい香りで気持ちをリラックスさせ、吸い込まれるように眠りにつき深く質の高い睡眠を得るために、アロマテラピーの活用は最適な方法です。

日本では、アロマオイルはじめ関係の用具はデパートや雑貨店などで販売されているケースが多いのですが、国外ではアロマを医療用と位置付ける国もあります。
フランスにおいては医療用にアロマが使われ、医師がアロマを診療に用いる例も頻繁で良く見られる風景です。

アロマが事実上、リラックス効果を有することに異論を唱える人はいませんが、薬品と異なり、研究論文やデータが集積されていないため、医療効果の認知度は上がっていません。

問題となる副作用が無いにも関わらず、心や身体をリラックスさせたり、集中力やモチベーションを高めたり、睡眠への導入や眠りの質の改善など、アロマの効果は有益なのです。

アロマテラピーの語源や使い方

アロマテラピーは、植物の花や果実から得た精油を利用して行う療法のことを言います。
言葉の由来は、ラテン語で香りを指す「アロマ」と治療を指す「テラピー」の2つのワードを用いた造語です。

多くのケースでは、エッセンシャルオイルの香りを嗅いでリラックス効果を得ることを通した治療が行われます。
他の方法として、エッセンシャルオイルを身体に塗布したり、内服したり、湯船に垂らしたりする使用法もあります。
家庭で個人が安全に行えるのは「香りを嗅ぐ」あるいは「湯船に垂らす」という使い方でしょう。

アロマが身体に作用する理由

アロマの香りは、ひとの脳にどう作用するのでしょうか。

アロマオイルが発した香りの元になる分子は、人の鼻にある嗅覚を感じ取る細胞にくっつきます。
この刺激は、2つの系統で脳に作用します。

1つ目は、大脳辺縁系にある情動中枢へ作用し、眠りを誘うような刺激の数ない優しい香りであれば、情動中枢を鎮静させる作用があります。
一方、刺激的なかんきつ系の香りであれば情動中枢を活性化させ覚醒効果をもたらします。

2つ目は、自律神経への働きかけで、嗅覚を感じる細胞が香りの分子を感知した場合、自律神経に直接作用します。
交感神経を活性化する香りであれば興奮状態になりますし、副交感神経を活性化する香りであればリラックス状態が訪れるのです。

主なアロマオイルの種類による効果

ラベンダー、バニラ等、甘くて柔らかい香りは鎮静作用を持ち、心身をリラックスさせ、睡眠導入に適しています。
一方、ミント、柑橘系、シナモン等刺激を伴う香りは覚醒作用を持ち、心身を興奮・緊張させるため集中力アップに適しています。

しかし、一般的にはそうであっても、香りには好みがありますので一概に言えるものではありません。
様々なアロマを試して気分に応じ自分の好みのアロマを見つけるのも楽しみですよ。