朝起きられない理由と対策方法

朝起きられない理由

朝目覚めてもなかなか頭がすっきりせずに、布団から出るのが嫌だと言う人も多いでしょう。
朝なかなか起きられないという理由は以下のことが考えられます。

・セロトニン不足

セロトニンの分泌量が朝になっても増えない方は、起きにくくセロトニンは目覚めるのには重要な物質です。
不足している理由としては、体質的に分泌しにくかったり、運動不足で分泌しないなどの理由があります。
分泌を増やすには、トリプトファンを摂取することであり、アミノ酸の一種であり食事からも摂取できますが、サプリメントを使った方が確実です。
サプリメントなら手軽で摂取したいときに摂取できるのでとても便利です。

また朝起きたなら、まずは朝日を浴びるのも良い方法です。
朝日はセロトニン分泌を促しますので、眠気を覚ます効果も期待できます。
同時に目から光を入れますので、脳みそにも刺激を与えて脳みそを起こします。

・眠りの質が浅い

眠りの質が浅いと夜中起きたりすることもあり、起きても頭がぼーっとしています。
質が下がる原因としては、生活リズムが崩れている、眠る前に刺激物などを摂取する、睡眠環境が悪いなどがあります。
眠りの質が浅いなら、まずはその原因を探ることから始めなければならず、原因を取り除かないといつまで経っても睡眠不足は続きます。
またストレスやプレッシャーなども質を低下させるので、仕事や家庭環境なども考えなければなりません。

睡眠の質を上げるのは睡眠薬を使う方法もありますが、これは一時的にはおすすめですが、慢性化するのは良くありません。
睡眠薬を日常的に使用すれば、睡眠薬なしでは眠れなくなるので、習慣にするのは止めるべきです。
どうしても眠らないとならないときに使うべきです。

体内時計が狂っている

睡眠はリズムによって、毎日何時に起きるか体が覚え、その時間を目指して体も起きる準備を始めます。
これは体内時計によって制御されており、体内時計が狂ってくると、起きようと思うのに体はまだ眠ったままということもあります。
こうなると起きても体は眠っているので、起きにくいということが起こります。

体内時計を狂わす原因としては、不規則な生活や深夜勤務などを続けて日常と反対の生活をしたりすると狂います。
体内時計が狂うと朝起きられないばかりではなく、夜も眠れないということもあり、大変です。

体内時計を調節するなら、毎日同じ時間に眠るようにして、そして朝日を浴びるのが良いです。
朝日を浴びると体内時計はそこでリセットされるので、毎日朝日を浴びるようにすべきです。
体内時計が狂うと眠りのリズムが狂うばかりでなく、その他の睡眠障害を誘発することもあり良くありません。