睡眠薬の基礎知識

睡眠薬の基礎知識

pills

睡眠薬とは

睡眠薬というのは、不眠症や睡眠障害を抱えている方が用いる薬物であり、睡眠時の緊張をほぐしたり、不安を取り除いて寝つきを良くするというものです。
睡眠導入剤や催眠薬とも呼ばれていますが、医学的に「危ない物」ではありません。

睡眠薬には不眠や睡眠障害への効果はあるものの、メリットもあればデメリットもあり、時には副作用もある薬です。
そこで、服用する際にはいくつかの注意点を守る必要がありますし、睡眠障害を抱えていない方が飲む必要はありません。

代表的な睡眠薬としては、短時間効果型の「ハルシオン」「デパス」「エバミール」などがあります。中間効果型の睡眠薬は「ベンザリン」「ネルボン」「ロヒプノール」などが主流です。
どちらも副作用がありますが、あまり強く効きすぎるものでもありません。
用法容量を守って服用すれば安全な薬だといえます。

睡眠薬の主な効果は「リラックス効果」です。
感情を安定させて覚醒中枢の働きを弱めます。
眠りやすい体の状態を作り出し、熟睡できる状態にするのです。

ストレス社会で生きている中で、寝付けない、眠れないと言った問題を抱えている方は多い。
そして、睡眠不足によるうつ症状や不安感を発症してしまうこともあり、睡眠薬によってうつが予防できるという考え方もあります。

睡眠薬に頼るのは決して悪いことではありません。
薬に頼りたくないと考える方でも、睡眠薬によってうつ症状が改善できるのであれば、その人にとって良い結果が出るのではないのでしょうか。

睡眠薬を飲みたくないのであれば、同じような効果を持ったサプリメントがあります。
こちらのサイトでは睡眠に良いサプリメントについて紹介されているため、参考にしてみましょう。
>>不眠症には睡眠薬よりも、睡眠サプリメントを!|スリープドロップス

睡眠薬の副作用とは

睡眠薬には副作用があります。
必ずしもその副作用が現れるわけじゃありません。
でも、注意しなければいけないことが多々あります。

例えば、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は比較的副作用が強く出ると言われています。
こういった睡眠薬では、眠気やめまい、集中力の低下という症状が一番に現れます。
そこで、車の運転に支障が出ますし日中の仕事にも影響が出る可能性があります。

また、ふらつきや転倒の可能性も考えられます。
性欲がなくなる、アルコールの併用による記憶障害などもあり得るので、睡眠薬を飲む際は「リラックスできる時」が最適です。

睡眠薬のメリットデメリット

睡眠薬のメリットは知っていても、デメリットを考えると使いたくないという方がほとんどでしょう。
デメリットと言えば、副作用。
副作用のことを考えると出来れば飲みたくないというのが本音ではないでしょうか?

ですが、そう考えている方も一度「睡眠薬は眠れるようにするもの」ではなく、「睡眠薬は眠れる体を作るもの」と考えてみて下さい。
睡眠薬を飲んだからと言って、すぐに睡眠障害が改善できるわけじゃありません。
でも、飲み続けることによって、「眠りやすい体」「寝つきやすい体」を作り上げることが出来るのです。

睡眠薬に頼らなくても、寝付きやすい体にする方法はいくらでもあります。
でも、そんな方法が実践できるのなら、とっくに睡眠障害が改善できているのではありませんか?
そういった方法を試すことも大切ですが、まずは睡眠薬を服用して体に休息を与えてあげるのが最善なのではないでしょうか。