睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群セルフチェック

寝ている間の症状など自分で気づくことはできない。
そこで、まずはセルフチェックを行い自分は睡眠時無呼吸症候群ではないか確かめてみましょう。
・毎晩大きないびきをかいている
・睡眠中に呼吸が止まっていたと指摘された
・昼間に極度に眠気が襲う、運転に支障が出る
・朝起きた時に疲れが取れていない
・朝に頭痛や頭が重い感触がある
・若い頃よりは体重が増えた
・顔つきが変わったと言われる
・肥満、メタボリックシンドロームの傾向がある

すべて当てはまる方は今すぐ病院を受診しましょう。
半数以上当てはまる方も要注意です。

イビキは、睡眠時無呼吸症候群の中でも代表的な症状の一つです。
また、睡眠中に呼吸が止まっていることこそ、睡眠時無呼吸症候群の症状。
普段には何も支障がないと感じていても、少しの異変を感じたら睡眠時無呼吸症候群を疑うべきです。

睡眠時無呼吸症候群の症状例

「無呼吸」とはその名の通り、呼吸が止まっている状態です。
10秒以上止まることを無呼吸と言いますが、睡眠中にその症状が、7時間中30回以上あると、睡眠時無呼吸症候群であるとされます。
これは、自分ではチェックできないものなので専用の計測機械を使用してチェックします。

病院では、この機械を貸出ししているところが多いでしょう。
また、病院でもチェックしてくれる場合があるので、必ず受診が必要なのです。

睡眠時無呼吸症候群の主な原因は2つあります。
1つ目は睡眠中に、空気が通るであろう上気道(のどの奥)が物理的に狭くなっていること。
脂肪のつき過ぎや口呼吸が原因だと考えられます。

だからこそ、メタボリックシンドロームや肥満傾向な方は、睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言われているのです。
2つ目の原因は、睡眠中に呼吸中枢の異常が生じていること。
いずれにせよ呼吸器系または耳鼻咽喉科の受診が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の改善方法

睡眠時無呼吸症候群は子供でも、大人でも、男女関係なく発症する可能性があります。
男性の方がなりやすいと言われていますが、喫煙される方のほとんどが睡眠時無呼吸症候群予備軍です。

そもそも遺伝性のある病気ではありません。
ですが骨格やあごまわりの形状、体形が関係しているとも言われています。

もし体形や骨格が原因であれば、改善する方法はないように思います。
ですが、肥満を改善することで睡眠時無呼吸症候群が治った例はたくさんあります。

治療方法はただ一つ。
SAS治療と呼ばれる治療です。

症状を緩和させるための治療と、根本的に睡眠時無呼吸症候群の原因を取り除く方法がありますが、いずれも個人に合わせて行う治療の為専用の施設でなければ治療を行うことが出来ません。
まずは病院を受診し、現在の症状やあなたの睡眠時無呼吸症候群の原因を探っていくことが先決です。