睡眠と高血圧の関連性

睡眠と高血圧の関連性

睡眠と高血圧には関係があった!

年齢が高くなる一方で、不眠患者が多くなるといわれています。
反面、若い方の多くはストレスや抑うつ症状によって不眠になるといわれています。

高齢者に関しては、日中の生活習慣も重要です。
昼寝したら夜眠れないというのは、血圧が高いという原因があるのです。

朝血圧が低い場合は、睡眠の質が良いと考えましょう。
睡眠の質が良い状態とは、「すぐに寝付けるか」「ぐっすり眠れるか」「朝は早く目覚めることが出来るか」「夜中に目が覚めないか」の4点と、睡眠時間を合計して表します。

基本的に高血圧だからといって、睡眠不足だということはありません。
ですが、睡眠不足や無呼吸症候群によって高血圧になることはあります。

血圧の薬を用いて治療をしていても、睡眠不足が続くと改善できることはないのです。
そこで、高血圧で悩んでいる場合はまず、睡眠の質を改善する必要があります。

睡眠導入剤によって高血圧が改善できる

高血圧の方が睡眠導入剤を服用して、高血圧を改善できたという例はたくさんあります。
基本的な治療をしても、血圧をコントロールできない場合は睡眠について考えてみるべきです。

睡眠導入剤には種類があります。
入眠に良い薬や、長く睡眠できるようにする薬など様々ですが、体を休めることが出来る睡眠導入剤が理想です。

例えば、深い睡眠や徐派睡眠ができる薬です。
これによって、夜にぐっすり休むことが出来て、血圧もコントロールできるというわけです。

また、こういった睡眠導入剤は血圧を下げる薬を一緒に服用しても、副作用の心配はありません。
併用しても大丈夫ですが、まずはかかりつけの医師に相談して高血圧の薬をもらっているところで睡眠導入剤をもらうと良いでしょう。

生活習慣病と睡眠

高血圧患者は高齢者だけではなく、若年者にも見られる生活習慣病です。
そこで、同時に多いのが睡眠障害。

睡眠障害であれば精神安定剤や睡眠導入剤で改善へと向かいますが、高血圧や糖尿病などは専門の治療が必要です。
片方だけですべて改善できるわけじゃありませんから、どちらもしっかりと治療して改善していきましょう。