歯ぎしりを治すには

歯ぎしりを治すには

歯ぎしりの自覚症状

歯ぎしりは大抵、寝ている間に一緒に寝ている家族が気づいたり、本人には自覚症状がないということが多いでしょう。
でも、朝起きると顎が痛かったり、なんとなく違和感があるという症状は、歯ぎしりの自覚症状です。

歯ぎしりは発症していても自分では気が付きにくいもの。
歯並びなどの原因によるものと思われていますが、実は歯ぎしりには別の原因もあるのです。

ストレスによる歯ぎしり

歯ぎしりの一番の原因として挙げられるのがストレスです。
現代社会ではストレスを受けている方が多く、ストレスの中で生活していると言っても過言ではありません。

ストレスを上手く発散することが大切ですが、発散できずに溜めこんでしまう方や、強いストレスを受けた時に歯ぎしりとなって症状が現れます。
寝ている間の歯ぎしりもそうですが、歯を食いしばってしまうという症状も、ストレスが原因です。

起きている間や仕事をしている間に歯を食いしばってしまうことは、「仕事病」や「職業病」と言われています。
思わず歯や口に影響が出てしまうことがあるので、まずはストレスを無くしていくことが大切です。

歯のかみ合わせの悪さ

かみ合わせが悪い、歯並びが悪い、というのも歯ぎしりの原因です。
治療に用いた歯の詰め物が合っていないという原因も考えられます。

この場合は、虫歯や歯並びを治療するほか、治す方法はありません。
治療中の歯をそのままほおっておいても歯ぎしりとなって現れることがあるので、気を付けておきましょう。

また、喫煙や飲酒、逆流性食道炎などの病気によっても、歯ぎしりの原因であると言われています。
禁煙、禁酒も大切ですし、病気の治療も必要です。

第一に、健康な体であれば、歯並び以外で歯ぎしりをする原因は考えられません。
生活習慣を見直して健康な生活をすることこそ、歯ぎしり改善の最善策です。

歯ぎしりを治す方法

噛み合わせの治療や、歯ぎしりの矯正は歯医者で治療を受けることが出来ます。
また、マウスピースによる治療は、専用のマウスピースなど歯医者または薬局で売っていますから、寝ている間にはめるだけで改善することが出来ます。

トリガーポイントと呼ばれる治療法は、筋肉の痛みを取る治療で、マッサージとは異なります。
筋肉のツッパリを改善することで歯ぎしり治療を行うものですが、これも歯科で受けることが出来ます。

歯ぎしりは自覚症状のある方が少ないでしょう。
ですが、日々歯ぎしりをすることで歯の痛みやあごの痛みが出てくる場合があるので、そういった症状に気付いたらすぐに歯科を受診して下さい。